過去の私の極度の緊張症を振り返ってみて 社会不安障害克服ブログ ビジネスマンの日記

過去にあがり症、極度の緊張症、社会不安障害といった症状で苦しんだビジネスマンのブログ。ルーツ分析や克服方法やメンタルの問題に対しての所感を書いていきます

私が極度の緊張症&社会不安障害の時、どんな心理状態と思考をしていたか3

よく思われなくてもいいといくら自分に言い聞かせても、決して自分の無意識部分は納得してくれなかった。それどころか「あがるな」という命令が、「お前はあがり症である!」という事実を一層深めた。

私が『あがり症』という事実から逃れたい、必死で打ち消したい、見ないようにしたい。しかし『頼むから、あがらないでくれ!』と願った時点で、あがり症を自分から見てしまう。怖いものを見たくないのに、ちらっと見てしまって、よけい怖くなってしまう状況に似ている。

「どうしたらあがらなくできるのか? どうしようもないことなのか? なぜみんなあがらずに会議や発言ができるのか? 頑張ってあがり症を打ち消そうとしても、余計パニックに陥ってしまうのはなぜなのか?」

葛藤を続けていくうちに、すっかり出口が見えなくなり、ジレンマに陥った。私は「あがり症」さえ治ることができたら怖いものはなくなる。そうしたら、悩みは全くないといってよかった(と当時考えていた)。

しかし、他の人がいくら悩みと欠点を持とうとも、私のたった一つの弱点に比べたら、生きやすい。思う存分力を発揮できるだろうと思った。

「あがる」というただ一つの悩みと弱点が、人生すべてを黒く覆い隠すほど厄介なものだった。あがり症は、すべての私の行動一つ一つについて回った。

例えば、楽しいはずのセックスさえも、緊張によって、使い物にならないことが多々あった。精神的な悩みは、男のあそこの働きに直結してしまう。焦れば焦るほど、使い物にならなくなる。一番あがり症・緊張のメカニズムを現している事象だと思う(女性もそうだと思うが)。私の人生そのものが「あがり症」というもので言い表せた。

いったんあがってしまうと、その状況が不都合でいやでいやでたまらないから、打ち消そうとする。これは私だけじゃなくて、誰もが陥る罠だと思うが、プライドが高いほど、その状況が許せなくて、焦ってしまう。焦ったら、体と思考に柔軟性がなくなって、「あがる・あがらない」の世界になってしまう。

「あがっている、どうしよう」という思考から、「どうしよう、どうしよう、どうしよう×∞(無限)」のパニックに支配されて、頭が真っ白になる。もうどうしようもなくなってしまうのが私の特徴だった。いろんな人の体験談を読む限り、みなそうなのかもしれない。

あがり症の極致の状態は、言葉にならない状況だが、あえてあがり症のパニック状態の時に何を考えているかというと


「言葉を発しなくちゃいけない、沈黙はやばい、場を取り繕わねば、みんな変な目で見ているだろう、どうやってごまかそう、誰かがひそひそ話をしている、俺の悪口を言っているに違いない、笑い声だ、どうしよう、笑っている、絶対変に思われている、これが終わったらどうやってみんなと話そうか、威厳は保てるだろうか? 俺の人生は終わりだ、破滅だ、くそ、どうしよう、低く見られる、俺のことを馬鹿にするだろう、生きていけない、死にたい、死んでしまおうか、最悪だ、いまこの場から出て行ったら、よけい変に思われてしまう、だれか助けて、どうしよう、どうしよう」


0,01秒でこんなことを考えているに違いない。考えているというより、理性も何もかも吹っ飛んで、パニックになっていて、まともに考えていないかも知れない。

 

(続く)

 

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com

 

 

 

その1

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com

 

 

その2

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com