過去の私の極度の緊張症を振り返ってみて 社会不安障害克服ブログ ビジネスマンの日記

過去にあがり症、極度の緊張症、社会不安障害といった症状で苦しんだビジネスマンのブログ。ルーツ分析や克服方法やメンタルの問題に対しての所感を書いていきます

なぜ私が極度の緊張症、あがり症、社会不安障害を克服できたのか? 完全克服までの道のり1

私が体験したあがり症対策&社会不安障害治療について

誰もが自分の内面的弱点を克服するために、さまざまなことにチャレンジしてきたと思う。私の場合を書けば、
「話し方教室」「自己啓発セミナー」「自己改造セミナー」「催眠療法」「病院精神科」「カウンセリング・ルーム」「禅寺」「瞑想」「あがり症と話し方の関連本」「あがり症・話し方弱点克服プログラム」
と多岐にわたっている。その体験記。

 

精神科の医者からは、「社会不安障害SAD」だと診断された。
カウンセリングではただ「あがり症」「緊張症」とか、催眠療法士からは対人恐怖症、別のカウンセラーでは適応障害自律神経失調症と言われる。

名称は多岐に渡っていても、結局どれも正解だった。
ただ私を治療する人の好みで、名称が変わってくるだけだった。
問題はその中身で、精神的に非常にきつい症状だということにはかわりはない。

 

「話し方教室」

いかにうまくきれいに話すか、話す技術、あがらないための方法論、あがり症の人たちの間での発表会、声出しの義務化、大きな声でどなる練習、自律訓練法、自分にあがらないように言い聞かせる、といったメニューをこなした。
どれも表面的に私の心をさするだけで、何に根本的な解決にならなかった。

話し方教室は、普通の話し方レベルの人が、よりうまく話すためには、いいきっかけとなるかも知れない。そういう訓練の場としてはとても「あり」だと思う。
弁舌の立つ先生がいたし、なるほどと思うこともたくさんあった。
ただ、あがり症克服の場として利用しようとすると、その人のあがりのレベルによるが根本的な効果の問題がある。
話し方教室にいくら会議や会話が苦手な人が通っても、頭が真っ白になったり、どきどき緊張しすぎてしまうから、会話のやり方を練習してもあまり効果が出ないことがよくわかった。
その場ではうまく発表ができたとしても、本番の場では前述のようになるし、マイナスの失敗経験ばかりあるから、自分にはできないと思ってしまう。
こちらの問題なのだが、その問題の根っこが深いため、話し方教室でのあがり症克服は失敗に終わった。

無意識のレベルでそれが起こっているから、会話の練習をしても意味がなかった。自分の弱点を壊すことまではできなかった。
本番でちゃんとあがらずに話ができない前提を自分が持っていないとせっかくの会話の技術も無駄になってしまう。

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com

 

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com

 

 

socialanxietydisorder.hatenablog.com